2012年02月09日

ペインティンググリップを考える。

エアブラシやスプレー塗装は特にですが塗装の際持ち手は必要なものです。
ということで市販品を中心に紹介と私個人の使い勝手などを書きたいと思います。

(リンクがあるものはアマゾンですが現状マーケットプレスのみの販売や販売してないものもあります)


Mr.ネコの手II
現状もメインで使ってますが比較的良好です。持ち手は増やすこともできますが(後述)このセットにしか入ってないクリップがわりと重宝します(以前は単体販売もあったのですが現状なくなった模様です)
ただ、拡張性が乏しいところがマイナス面で40以上くらいのパーツを乾かそうと思うとこの猫の手の台座だけでは厳しいですね。


Mr.ネコの手II用 アシストパ-ツA型 GT46
さきほど紹介した猫の手のオプション。練り消しでパーツを固定するタイプ持っていて損はない。
ただし練り消しが消耗品となるのでその点の考慮する必要はある。


Mr.ネコの手II用 アシストパ-ツB型 GT52
こちらも猫の手のオプションでクリップ型。重宝しますが場合によってはパーツが飛んでしまう可能性もあり(これは猫の手付属のものも同様ではあるが)注意が必要


ペインティングクリップII (PTC2)
まず、おことわり、現状はパッケージがかわっています。
20個980円なので1本49円、金属製のクリップは小さくかつパーツをがっちり掴む仕様。柄の部分はアルミ線で丈夫でかなりお勧めです。

塗装の持ち手(スジボリ堂)
20本525円と最安値で金属製のグリップはペインティングクリップより一回り小さい。
いいとこづくめと思うが柄が竹串的木製の為耐久力に疑問がある。
竹串と100均で買える電子パーツで自作も可能なのでパーツ入手ができるならそちらの方が良いかもしれない

結局、最近持ち手台座につかってるのは100均で入手できる発砲スチロール製のブロックが一番しっくるくる。。また竹串とマスキングテープもかなり使いますね。
posted by ちぇりー at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境と工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251363921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。