2011年08月25日

プロショップ杯ガンプラビルダーズコンペ製作その3

前回更新より1週間たちました。

一応先ほどウレタンコートを行いました。

前回更新後より下地作りを始めましたが天気に恵まれず。。。作業が遅延してく一方でした。
今回はクレオスの新製品、メッキシルバーNEXTからのキャンディー塗装という手法でスライドマーク等を貼ったあとウレタンでフィニッシュという頭でおりました。ただ、朝晩霧で日中雨と天気に恵まれず、北の田舎町ですから家の各部屋にクーラーが標準搭載されてるわけではなくかぶり覚悟での塗装でした。
(メッキシルバーネクストがすこしかぶりました。。。)

で今回はウレタン塗装の話をしたいと思います。

デカール、スライドマークなどの保護というと安全でお気軽なのはTOPコートでしょう。水性ですしね。
つぎに考えられるのはラッカー系のクリアでのコートです。乾燥が速いのがメリットではあります。
ただしデカールの段差等を削って滑らかにする研ぎ出しという技法を行うには塗膜がそれなりに厚くないといけないわけで1週間とか乾燥にかかります。
またデカールが溶けるなどのアクシデントもありえます。

ウレタンのコートは車の塗装のコートと同じです。紫外線等の変色なども防いでくれますしいいことづくめのようですがそうでもないです。

乾燥は1日から2日なんで(化学変化で硬化します)その点は良いのですが刺激臭がありお子様のいる家庭では厳しかと思います(ブラシ洗浄用のラッカーシンナーがさらに曲者です)

一応さきほど作業が終わったんで乾燥まで1日半放置予定です。

今回はスジボリ堂で販売しているロックタイトのものを使用しました。
(実はフィニッシャーズのGP1も持ってましたが昔のものでレジンとメタル以外推奨してません。今のはプラステックもいけるという情報もありますがGP2というのもありますね)

意外と使いやすかったし失敗が少ないですね。
posted by ちぇりー at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと手を入れて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。