2010年09月14日

MGボールファクトリーイメージカラー

001.JPG002.JPG

7月に発売になったプロショップ専売品MGボールファクトリーイメージカラーのレビューです。
商品内容は08MS小隊に登場したボールK型をベースにver.ka版、MS IGLOO版のパーツも同梱。
メタリック成型した装甲パーツを2色同梱した内容である。
また、デカールは水転写型に変更されている。

プロショップ専売品は必ず商品にテーマがあるのだが、今回は傷の再現(模型表現でいうところのチッピング)を手軽に再現できるようにという意図である。

塗装しない場合は工場でロールアウトした状態の仕上がり(つまり未塗装状態で金属地状態)が再現できる。また2色の装甲(Aランナーが成型色違いで2枚入っている)あるので金属の違いも表現できる。

さて、今回の製作であるが「取扱説明書を見る前にお読みください」というレシピ通り作業をしてみた。
ただし、内部フレームもじつは今回は全塗装している。フレームに関してはエアブラシと缶スプレーの併用である。

外装や武装に関してはすべて缶スプレー塗装。その後、金ヤスリ、カッター、エッジングソー、320番、1000番の紙やすりで書いてある通り傷入れを行い、ちょっとだけ水転写デカールを貼って完成です。

ただし、過去記事にも書いた通り現在のガンプラはPS(スチール樹脂)とABS製フレームが採用あれているが、ABSフレームは塗装を行うとパーツ破損の可能性もある。
ふで塗りは問題があり、エアブラシ、缶スプレーなどでパーツの対策を行ったうえで塗装するのが安全策ではある。ただし対策を行っても破損の可能性はある。
それ以外ではシタデルカラー(水で薄め、ふで洗いができる外国製水性アクリル塗料)のふで塗り以外はおすすめしてない。
posted by ちぇりー at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162585939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。