2010年09月13日

HGUC GM改レビュー

309.JPG

2007年発売されたパワードGMに手首および胴体、足、頭部の新規パーツを加えた仕様となっています。
後期型GMと呼ばれるキットは基本的にどれも出来は良いです。
ただし、挟み込み系パーツも多く塗装はけっこうやっかいだったりします。
素組み状態はだいたい3時間前後で組み上げております。

027.JPG

こちらはボールと並べる為に製作した塗装作例です。IGLOO設定資料を参考にファーストガンダム登場のGMのカラーリングを行っています。

赤→ガンダムカラースプレー9レッド1のスプレー吹き
白→ガンダムカラーGM用のホワイト7を簡易エアブラシ吹き
バックパック→ガンダムカラースプレー8ファントムグレー
マシンガン→タミヤニュートラルグレー

なお胸や足首の赤は下地にタミヤのファインサフェーサーホワイトを使用している。
簡易エアブラシはノズル調整が通常のブラシより難しい。また缶スプレーと違い、1回では色はつかない。1パーツ最低3回は吹いています。
関節の挟み込みが多い(合わせ目処理の為)のでマスキングを行い塗装している。
posted by ちぇりー at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162470521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。