2010年04月15日

雑誌記事に触発されて2 1/144ゲルググ製作 その3

cherrryta946 / ちぇりた946
春のひとりゲルググ祭。とりあえずバランスは決定で VT: http://twitvideo.jp/00pWG at 04/15 17:27



まあ、やっと形になってきたので解説含めていきましょう。
頭部
工作方法は前回の記事の通り
WaveのプラサポとHアイズミニでモノアイギミックを作成しました。
一応モノアイも可動です。
課題は頭のトップの取り付け方法のみです。
今回失敗したのは頭の裏打ちにラッカーパテを使用したことでパーツが溶けかけました。SSP-HGで修正したことで事なきを得ました。


頭部にある部分は完全に切り飛ばしてます。その後Waveのプラサポの筒状のものにポリキャップを仕込みプラ板でふたをします。
そのままでは長いので上半身側を削りめり込ませて固定しました。

上半身
一度面だしを行う為荒削りした後、0.5mmプラ板とSSP-HGで修正してます。
コックピットハッチはコトブキヤの丸モールドを貼りつけです。
肩の接続部分はコトブキヤのポリジョイントLですがめり込むように設置しました

脚部
太ももを除き接続方法をコトブキヤのポリジョイントに変更しました。
(膝、足首)。受け軸はキットの軸をそのまま利用してます。

肩、腕
接続方法を変更してます。肩と胴体はポリパーツ接続にし肩と腕を別途接続するように変更しました。ひじはコトブキヤのポリジョイントに変更してます。

この工作により分解が可能となりパーツの精度を上げる作業および塗装関連の作業が楽になります。

さてこの後ですが左肩も右肩同様の作業。肩と胴体接続部の蛇腹の造形。左の平手製作、形状の煮詰めということになります。
posted by ちぇりー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと手を入れて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。