2010年01月18日

AIRTEC AIRBRUSH KIDS-102SET

SN3D0342.JPG

コンプレッサーとエアブラシ導入後環境の充実という点でいろいろ考えていた。
昨年のガンプラ王でのフレーム塗装の際、実は今は亡き(というか国内輸入代理店が業務を終了
した関係でオプションが購入できない)アズテク社のエアブラシをエア缶がなくなるまで使用した。この手のブラシは細かい塗り分けなどは厳しいが広い面や単色仕上げなどには便利である。
導入時から一本持っていたいなと思っていたのだ。
ただし、このクラスいわゆる吸い上げ式と言われるものは値段は2000円台後半からでメンテナンス性などがまちまちであり高いもので6000円前後まで幅広くある。
当初タミヤのパジャーブラシ500かGSIのMK2かと悩んでいたところ見つけました、AIRTEC AIRBRUSH KIDS-102SET。
この商品はエアテックス社の吸い上げ式のブラシで商品仕様的にはタミヤのパジャーと同等のものです。
このタイプのものでは結構分解も細かくできてメンテナンス性はかなり高いです。
コンプレッサーに対しては1/8のネジのタイプであればオプションなしで取り付け可能とのこと。
エア缶セットなのでそのままでも使用はできます。
注意点はエア缶で使用する場合で同梱のKIDS缶を購入して使う分には問題はありません。しかし、特殊形状の為入手が難しいので一般に売られているエア缶の方が入手しやすくまた、大きさも豊富ではあります。ただ、一般のエア缶使用の場合はA&Hアタッチメントを別売りで購入する必要があります。
本体価格はこのセット2940円と値段とコストパフォーマンスが高いですがエア缶を通常で使うことを考慮するとタミヤ製やGSI製の方がパフォーマンスが高いかもしれません。コンプレッサーとの使用に関しては機会を設けてリポートします。
posted by ちぇりー at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境と工具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。