2010年01月13日

バンダイ製ABSパーツの攻略

まず、昨今バンダイ製キャラクターモデルには関節の保持などを必要とする
キャラクターモデルにはABSパーツを使用している。
メーカーではABSパーツへの塗装に関しては推奨していない。

ABSパーツは溶剤に対し劣化しやすいという性質がある。
さてここでバンダイ製と書いたが話によるとバンダイ製ABSは
他社ABSパーツに比べ素材の配合割合が異なることもひとつ起因
しているらしい。

ABSパーツに限らず樹脂に浸透しやすい塗料の場合、劣化がおこり破損
してしまう。これはスチール樹脂にも起こる現象ではある。
(これはスナップフィットモデルの場合特にそうだが軸と軸受の圧力で保持しているが
浸透した部分がもろくなり一方の圧力が強くなり劣化している部分を圧力で破壊する。つまり保持している
圧力の力の均衡を破ってしまうのだ)

さてさまざまな媒体で攻略方法が提示されている。

塗装を行うという前提で書くと
1.接続のピンはガイド程度残して切り必ずABS用接着剤で接着する。
→塗料が浸透した場合のパーツ破損を軽減可能
2.可動軸は塗らない、塗った場合は乾燥後削り落す。
→薄め液でのふき取りはシンナーの浸透をさせることとなり逆効果、また
可動軸に塗るとテコの原理で軸ごと破損につながる。
3.乾燥の速い塗料を使う
→缶スプレイーは使わないこと(できるならエアブラシで行う)筆の場合なら
塗料の量を少なくし乾燥したら塗ることを数度に分けて行う。
リターダーやエナメル系塗料は使わない方が良い。

さて、ガンプラ王用の制作したクリアガンダムはフレームがABS製ではあるが全塗装している。
ポイントをいくつかあげます。
1に関しては可動のことも考慮したがパーツ状態(つまり組み立てない状態)で塗装している。
3に関しては水性アクリル塗料で乾燥の速いシタデルカラーを使いました。塗膜も
強く、乾燥も速い。また塗装できる材質も多いのが特色。ただし、ゲームの駒の塗装用
ということがあり色合いが特殊です。
今回は欲しい色合いがないところはすべて調合した塗装しました。もちろん塗装は
エアブラシで行いました。ただし、一発ではなく乾燥後数度に分けて塗装していきました。(3度塗装しています。)
ポイント部分は筆塗りです。(ちなみに外装はラッカー系ですが)
とりあえず破損は起こっていません。
posted by ちぇりー at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138172728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。