2009年10月07日

HGUC RX-78-7ガンダム7号機 その10

今回は胸部の工作です。
0.5mmプラ板を貼り、隙間は瞬着パテで埋めます。
硬化後やすりでならしました。
SN3D0157.JPG
白い部分がプラ板、ピンクぽい色が瞬着パテです。

コックピット周りですがプラ板工作になります。
まずは天井部分は胸部装甲より一段高くなってます。
ここは、1mmプラ板で製作します。
6角形を切り出します。
そのあと、出っ張りを同じ厚さでふたをし瞬着パテを盛り
削り出します。
SN3D0158.JPG
側面は0.5mmプラ板で製作することになります。

ランドセル
側面を瞬着パテで埋めました。
SN3D0159.JPG
サーベルラックなどの一部を今後自作します。
エポパテやポリパテでは重くなるので今回瞬着パテを使用しました。
でも、プラ板で裏打ちしてからの方が効率が良かった気がしてます。
さて、ここが終了すると腕と足の製作になります。
実はこの2つが一番やっかいですね。。。。。

posted by ちぇりー at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129692267
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。