2009年09月24日

HGUC RX-78-7ガンダム7号機 その4

今回は裏打ち編その1を紹介します。

C15.16の加工

SN3D0085.JPG
脚部C15.16を大雑把に加工しましたものに裏打ちをします。
足の後ろの増加装甲の部分とすねの部分3か所に裏打ちを施しました。
この部位についてはアルテコの瞬着パテを使用しました。
選択した理由は少量の裏打ちだったことです。
SN3D0086.JPG
裏打ちの瞬着パテ硬化後、まず、すね側面の残っている部分を
400番のペーパーで削りなめらかにしました。
SN3D0087.JPGSN3D0088.JPG
後部増加装甲はラインを確認しつつ今度はダイヤモンドやすりと鉄やすり
でガシガシ削ります。
今回は裏打ちしているのでほぼ最後まで削ります。
削り終えたあと再び400番のやすりで磨きます。
この部分の加工は裏打ちの際、他の部分に干渉しないようにパテの
盛り付けができれば後は削るだけなので加工的には難しくないかと
思います。
ピンク色の部位が裏打ちした部分です。
posted by ちぇりー at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。