2009年09月16日

裏打ちとは

ガンダム7号機も3回まで終えました。

切り取り、削り作業はランドセルと腰の装甲くらいになってきました。
さて更なる削りこみを行い形を出さなければならないのですが、この際裏打ち作業が必要となります。

本来の裏打ちの意味は紙・布・革などの裏にさらに和紙や布などを張って厚く丈夫にすること。(これ以外に2つ異なった用例の意味がありますが)

模型製作の場合、削り込みを行う場合に強度確保や破損を防ぐ為、パーツ裏側からプラ板、プラ棒、各種パテ等で補強を入れること。
またパーツ自体(特に自作の場合)の強度確保で行う作業です。

今回は瞬着パテ、エポキシパテ、ポリパテを用意しました。さて適材適所でこれらを使って行うことにします。
posted by ちぇりー at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128173584
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。