2009年09月11日

ガンダムフェイスの塗装

今回は初心者企画としてガンダムフェイスの塗装を考えてみたいと思います。

レビューでのHGガンダム30も実は塗ってます。
今回は新発売になったフルアーマーガンダム7号機を例に解説します。
SN3D0045.JPG
まずは、赤のくまどりをガンダムマーカー赤で塗装
SN3D0046.JPG
次にガンダムマーカー黄色で目を塗装
SN3D0047.JPG
最後にガンダムマーカーすみいれ黒で回りを塗り完成。

さて、νガンダム以降のHG関連商品は顔の一発抜きが多いのでこのような
塗装が向いているかと思います。

ただし、成型色が白か黄色に限られます。暗い色の場合はマーカーで一発で良い発色はしてくれません。
目に関してはガンダムマーカーのアイグリーンやイエローであれば問題はないかと思います。

MGや一世代前のHGの場合は目の部分が透明になっている場合があります。
その場合はクリアカラーを目に塗装、裏側はシルバー系の色を塗装しています。
実はこちらのパーツ分割のタイプの方が細かく分割されてる分塗装の失敗は少ないです。

黄色や緑ではない目の色の場合。

実はこういうケースは最近多いです。
レビュー途中のセラフィムがそうですが赤のくまどり塗装後先に黒い部分を塗装。
その後付属のシールの目の部分だけを切り取り貼るという方法をとりました。

マーカーだけでも塗装は可能ですし、ワンランク上の仕上がりになりますのでぜひ
お試しを。。。。。

追伸
ガンダム7号機には赤いくまどりはありません(白なのです)
個人的にはアムロの2号機の流れということで赤入れてみました。
posted by ちぇりー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127796825
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。