2009年07月16日

HG RX-78-2ガンダム Ver.G30thレビュー

武器以外組みました。ただし、合わせ目処理はまだ行っていません。
(サンディングだけですが。。。)
SN3D0250.JPG
まず、組んだ印象ですがHGUC Hi-νガンダムとHG 0ガンダム足して2で割った印象です。
頭のパーツ割はHi-νガンダムやνガンダム、その他はHG 0ガンダムといった印象の組み立てでした。
ただ、HG 0ガンダムほどは動きません。

製作のポイント

人形は顔が命といいますが、顔は(目、くまどり)はシールではなく塗装した方が完成度はまったく
違います。顔の塗装はすべてガンダムマーカーで行いました。
SN3D0253.JPG
首もシール処理ですがここもガンダムマーカーメカニックグレーで塗装。

HGUC Hi-νガンダムと同様細かいディテールもあるのでゲート処理は注意が必要です。
合わせ目処理はすね、腕の2か所。

さて、1/144ガンダムとしては5つ目の商品です。
武器に関してはHGUCガンダムを補完するものです。同梱としては初のガンダムハンマー。
弾層が設定通りのハイパーバズーカ(HGUCガンダムのものは設定通りではない)といった、
お台場ガンダムプラス武器セットパッケージです。

ひさびさに握りこぶしがはいってますが90年に発売されたHGガンダムのオマージュといった出来。
(この拳は出来がよろしくないガレキがでたら即交換)。
お台場ガンダムを忠実に縮小した分可動が犠牲になっていると思います。
結構コンマ単位で可動パーツと装甲をぎりぎりで合わせてるので思ったより動かないですね。

さて、土曜日検証したのですがHGUC Gアーマーと連携は可能かどうかという点。
足首を外せばガンダムイージー(対ザクレロ戦)はなんとか再現可能かと。
Gファイターへのライディングはサイズが合いませんでした。
Aパーツはサイズがまったく合わないのでGアーマ形態にはなれません。

このキットはHGUCシリーズではなくお祭りキットです。
現実の物体の縮小キットでもあります。

不満点は手の拳、お台場ガンダム的マーキングシールがない点です。
個人的には及第点キットですし悪くないです。
ただ、色プラ仕様ではあるがある程度塗装しないと見栄えは良くないかなと思います。
posted by ちぇりー at 14:47| Comment(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。私もRevive版を購入し、顔(ツインアイとその周囲の黒)をどうしようか悩んでいたところ、管理人様のHPに辿り着きました。
お見事な作例ですね。ガンダムマーカーといっても多種多様(筆先の大きい小さいがある)なので、どのGマーカーをご利用になられたか教えていただけたら幸甚です。たいへん失礼いたしました。
Posted by Just Passing at 2016年04月14日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。