2010年05月10日

HGUC MS-06AザクII

SN3D0496.JPGSN3D0494.JPG
cherrryta946 / ちぇりた946
同じく重くなってきたぶひ〜 RT @tarossa923: だんだん重くなってきたにゃ〜 at 05/10 22:47

cherrryta946 / ちぇりた946
#GUNDAMTOU ジオン国民待望の新型MS-06AザクIIロールアウト
http://twitpic.com/1moxb4
 at 05/10 22:53



え〜今回はHGUC MS-06FザクIIの改造でMS-06AザクIIを作ってみました。
MS-06AザクIIは伝説の書籍「ガンダムセンチュリー」にて文字設定のみ存在していた機体でした。
かってMG MS-06F/JザクII(ver1.0)発売時にHJ誌にてMAX渡辺氏の作例が紹介されていましたがその作例はこの文字設定で製作されたものです。
近年、角川書店のガンダムAにてMSV-Rの企画が始まり文字設定だったこのA型を始め、G型などが大河原邦男氏の画稿で発表されました。

画稿発表時から製作したかったのですが今回タイミングが合い製作してみました。

製作時間はのべ25時間くらいです。
ただし、今回は塗装にガンダムカラーのスプレー缶を使用しました。
本来であればエアブラシを使用するのですが、サクサク作ることを目的としました。
使用キットはHGUC MS-06FザクIIですが肩の取り付け部およびスパイクアーマーの部分は2セット使用してます。

改造箇所
1、スパイクアーマー
この機体のスパイクアーマーにはトゲがありません。
トゲは切り落とした後整形します。その後、穴のあいた部分に0.5mmプラ板で裏打ちしたあとエポキシパテで穴を埋めます。
硬化後180番の紙やすりで形出しをし400→600→800までかけ仕上げます。サフェイサーを吹き確認して終了です。
これを2セット行います。

2、ランドセル
画稿ではF型、S型で見られていた2つのスリットがなくつらいちになってます。0.5mmプラ板を切り出しスリット内に接着した後ヤスリで整形しました。その際、ランドセル上部のエッジが画稿では丸いので削ってラインを修正しました。
こちらもサフェイサーで確認ダメな場合はラッカーパテで修正しました。

3、ひじアテ
ラインが違うので削り面構成を変更しました。

塗装、グリーン:ガンダムカラースプレーグリーン2
   ブルー:ガンダムカラースプレーブルー3
   黒:ガンダムカラースプレー ファントムグレー

失敗点はブルーが濃すぎたということでスカイブルーあたりを吹いて
ウォッシングでトーンを落とすべきだったと思います。

マーキング
かってのMGキャンペーンのテフロンシールとガンダムデカール40の一部を使用しました。
今回白系のラインやマーキングがありましたがうるさくなりすぎるのがやだったんで行いませんでした。

なお、白い塗装のサイド3所属機体もあるので複数作るのも良いかもしれません。
posted by ちぇりー at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと手を入れて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。