2009年09月11日

ガンダムフェイスの塗装

今回は初心者企画としてガンダムフェイスの塗装を考えてみたいと思います。

レビューでのHGガンダム30も実は塗ってます。
今回は新発売になったフルアーマーガンダム7号機を例に解説します。
SN3D0045.JPG
まずは、赤のくまどりをガンダムマーカー赤で塗装
SN3D0046.JPG
次にガンダムマーカー黄色で目を塗装
SN3D0047.JPG
最後にガンダムマーカーすみいれ黒で回りを塗り完成。

さて、νガンダム以降のHG関連商品は顔の一発抜きが多いのでこのような
塗装が向いているかと思います。

ただし、成型色が白か黄色に限られます。暗い色の場合はマーカーで一発で良い発色はしてくれません。
目に関してはガンダムマーカーのアイグリーンやイエローであれば問題はないかと思います。

MGや一世代前のHGの場合は目の部分が透明になっている場合があります。
その場合はクリアカラーを目に塗装、裏側はシルバー系の色を塗装しています。
実はこちらのパーツ分割のタイプの方が細かく分割されてる分塗装の失敗は少ないです。

黄色や緑ではない目の色の場合。

実はこういうケースは最近多いです。
レビュー途中のセラフィムがそうですが赤のくまどり塗装後先に黒い部分を塗装。
その後付属のシールの目の部分だけを切り取り貼るという方法をとりました。

マーカーだけでも塗装は可能ですし、ワンランク上の仕上がりになりますのでぜひ
お試しを。。。。。

追伸
ガンダム7号機には赤いくまどりはありません(白なのです)
個人的にはアムロの2号機の流れということで赤入れてみました。
posted by ちぇりー at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/380 シャア専用ザク工作編1

カップヌードルガンプラパックのシャア専用ザクの工作編1です。
レビューでの量産ザクで気になった点を中心に工作をしていきます。

まずはランナーから
SN3D0036.JPG
3枚です
SN3D0037.JPG
A1パーツは色分けされてます。量産ザクと異なりランドセルカバーが別パーツになってます。
SN3D0038.JPG
A2パーツは頭、足と手です。
SN3D0039.JPG
Bパーツは足、コックピットハッチ、ザクマシンガンここはニュートラルグレーです。
色合いを量産型より少し抑えています。
SN3D0040.JPGSN3D0041.JPG
今回はカッターで部品を切り取り、軸を少しニッパでカットし接着をします。

左肩の処理
SN3D0042.JPG
スパイクアーマーをリアルにしたいのでまず、丸くなった部分を平にするため削ります。
SN3D0043.JPGSN3D0044.JPG
その後同系色のランナーを接着します。
SN3D0048.JPG
十分乾燥したらニッパで大まかに削り出します。

本日はここまで。
ちなみにザクマシンガンは量産型に付け替え可能です。

追伸 おかげ様でシャアザクも2個更に確保しました。
ガンダムも製作完了後一ネタ用意してます。
posted by ちぇりー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと手を入れて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。