2009年09月04日

お知らせ

どうでしょうか?
フレームを変更してみました。。。。

さて次回くらいでMGガンダムクリアバージョンは完結予定です。
次回作はVSASTRAYのへイルバスターガンダム。。。。。
現在製作進行中です。
フレーム変更にともないサイドの部分も序所に変更していきますね。
posted by ちぇりー at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MG RX78-2ガンダムVer2.0 クリスタルクリアバージョンレビューその2

製作の細かいところを。。。。。

装甲のクリアパーツ
今回はギリギリ切ではパーツの割れなど破損の恐れがありましたので3度に分けて切り出してます。
終了後ゲート後の処理となります。

ペーパーがけで対応してます。
1000→1200→1500→2000→2400
という順でかけてます。
時間の制約でここでやめましたが本来ならもう一段階かけコンパウンド3種類で磨き上げまで行うべけでした。
かなり傷は無くなりましたが、曇りガラスに近い感じではありました。
SN3D0449.jpg
磨き終えた段階の写真です。

一方、内部フレームですがこちらも全塗装しています。
理由としてはシルバー系の成型色が気に入らなかったことがあげられます。
SN3D0451.jpg
写真は塗装後組上げたものです。
(一部クリアパーツの装甲がついてます)
黒系のパーツはシタデルカラーの黒70% シルバー30%を混ぜたものをブラシで塗装、灰色の部分はシルバー、グレー、ブルーを混色したものをこちらもブラシで塗装しました。
その後アクセントとなるパーツはシタデルカラーのシルバー、カッパーで塗装し黒系のパーツはラッカー系のスモークグレーでコートしました。
ブラシで塗装したシタデルカラーですが水で3番くらいに希釈してブラシを吹いています。ただし、はじき現象が多少あるので乾燥後再びブラシという形で3回くらい塗装してます。

何回かこのブログでも紹介したシタデルカラーですがABS製のパーツの割れはおこりませんでした。
ただし、ガンメタルはセットでしか存在してなく混色で再現しました。
混色の際の注意点ですが金属系の色どうしは混ぜてはいけません。
混色せずに分離します。
また、希釈した後は必ず調合ステックなどで十分混ぜてから使用しましょう。これはどの塗料にもいえることですが。

しかし、この塗装が一部裏目にでてしまうのですが。。。。
続く
posted by ちぇりー at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。