2009年08月17日

ガンプラ王

実は先週くらいからガンプラ王用の作品の製作をおこなっています。
アイディアがやっとまとまりました。

現在シタデルカラーと塗装ブース、コンプレッサー、エアブラシが毎晩フル稼働中です。

一応プロショップ部門での参加です。
締め切りは八月いっぱい。間に合うか。。。
やば
posted by ちぇりー at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

エコプライベント

SN3D0338.JPG

エコプライベントに講師という形でお手伝いさせていただきましたので
感想などいろいろ書きたいと思います。

まずイベントの概要に関して書くと。
バンダイのプラモデル製造の際に排出されたプラスックの廃材を利用して
製造されたキットがエコプラです。
昨年の夏のイベントや幕張のホビーショーでもFGガンダムのエコプラが
無料で配布されていたので記憶している方もいらっしゃるだろう。
今回はエコプラ仕様のSD三国志シリーズ劉備ガンダムが教材として
提供されています。
劉備ガンダム自体はガンダムSEED DESTINYコレクションシリーズより
採用されたパーツが手でもげる仕様のキットです。
また付属のシールは色鉛筆や蛍光ペンなどで色が付けられる仕様となってます。

さて、今回、私は幼稚園の年長組に通うお子さんにマンツーマンで製作の指導をおこないました。
やはり一時間くらいかかりましたが幼稚園の年長さんでも大人がついて丁寧に指導すればできます。
今回どのように行ったかというと、まだ、組み立て説明書を読みながらというのは相当厳しいので
(理由は最近のバンダイのプラモデルはランナーをアルファベットで表しているのですが)
同じ商品を一緒に組んでいきました。
具体的にはパーツをランナーから外す際、ランナーを教え、パーツ番号を探してもらいながら確認して
取り外してもらう。
組み立て方を教え見本品を作り提示しその通り確認をする。
作業しだすと集中力はすごいですね。
写真は私とその子が製作したエコプラです。

さてバンダイさんが読んでいたらうれしいのですが提言です。
ランナー枠はアルファベットではなく平仮名かカタカナ表記にならないでしょうかね
低年齢層はアルファベットがわからないんですよ。
パーツがもげる仕様は良いのですが小さいお子様だとパーツがもげません。
そして「パチン」とパーツをはめ込めません。これは小学校低学年のお子様でもできない子が意外と多いです。

さて、これを読まれているお父様世代の方は楽しいイベントですので参加してみることをお勧めします。
お子様の意外な一面が発見できるかもしれませんよ。9月くらいまで行う店舗もあるようなのでケロケロAで開催店舗
をチェックしてみてください。

関連商品
BB戦士 No.300 劉備ガンダム
posted by ちぇりー at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGガッデス レビュー

SN3D0339.JPG
今回は模型店のプチイベントの1台として製作しました。
今回は付属のシールを使用しました。(部分塗装はおこなっておりません)
ただし、ガンダムマーカー墨入れ用グレーで墨入れはおこなっています。
また、合わせ目処理は行っていません

パーツの切断はゲート用ニッパの二度切りで行っています。
ただし、あまりゲートが目立つところはペーパーかけをおこなってはいます。

パーツ構成はガデッサのパーツを中心にGNファングや頭部、肩パーツなどガッデス用
の新規ランナーが一枚入っています。
ガデッサ自体は絶妙なフォルムを再現していて専門誌でも高評価のキットでした。

合わせ目処理に関しては腕、すねパーツはやはり必要です。
ここ最近付属シールの出来はすごく良いのですが、すねの青はやはりシールではなく
塗装すべきで塗装により完成度がアップします。

GNファングに関しては塗装したほうが良いと思います。ただし腰装着のものは取り外しを行う
と塗装がはげることがあるかと思います。
ひとつの目玉ファング展開用の透明ディスプレイパーツ付属しています。
このパーツはケルディムガンダムのシールドビット展開にも使用できるパーツとなっています。
展開状態か装着状態か決めて製作するようにした方が良いかも知れません。

墨入れはグレーで行いました。黒だときつくなるからです。

お気に入りは肩の機構です考えられてます。
逆に残念なのは足首。爪パーツが外れやすいです。

今回は3時間で製作できました。
週末モデリングにお勧めです。(部分塗装をしてもそんなにかからないと思います。)

関連商品
HG 1/144 ガッデス
posted by ちぇりー at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コピック塗装実践編1(HGUCジェガン(その2塗装編))

ということでコピックの塗装に関して書きたいと思います。
今回は陰影をつけること指針としています。

下処理に関して
コピックはそのままではプラスチックに色が定着しないので
定着させる為につや消しスーパークリア(ラッカー系)を塗装します。
アクリル系のトップコートでは定着しないので注意が必要です。
また、吹きすぎは注意です。暗めのパーツが白くなったら吹きすぎです。
(吹きすぎた場合の修正は後で記述します。)

作業
1、まず陰影をつけたい部分をコピックで塗装します。エッジを中心に色を載せます。
2、0番カラーレスブレンダーで周辺をぼかしていきます。
写真はその作業を行ったHGUCジェガンです。
SN3D0340.JPG

つや消しクリアを吹きすぎた場合の修正

いくつか方法はあります。
1、スーパークリアの半光沢、もしくは光沢を吹く
→これにより再度つや消しを吹きます。
この方法が一番簡単です。

2、薄め液を該当箇所に筆塗りする。
→ピンポイントでできることがメリットです。ただしプラの強度が落ちる、ABS製パーツに浸透して割れやすく
なるもしくは割れるといったデメリットがあります。また吹きすぎた場合容易に修正できない場合もあります。

当然薄め液を塗った場所はつや消しがないので再度定着のためにつや消し吹きが必要です。

カラーレスブレンダーでもうまく消えない、また毛羽立った面の修正

実は今回そういった場面に出くわしました。
あまりお勧めできる方法ではありませんが、今回その該当箇所に対してうすめ液を含ませた綿棒で修正をおこないました。
原理は下地ごと溶かしてという考え方でつや消しクリアを吹きすぎた場合の修正2のケースを応用したものです。
あまりお勧めできる方法ではありませんがひとつのリカバリー方法としてはあると思います。

今回は大雑把に方法を明記しましたが次回は詳細手順を写真入りで行いたいと思います。
またガンダムマーカーのリアルタッチマーカーもありますのでそちらも近いうちに紹介できたらと思います。

関連商品
Too COPIC(コピック) マーカー チャオ 12色セット 11737012
HGUC 1/144 ジェガン
タグ:コピック
posted by ちぇりー at 13:58| Comment(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUCジェガン(その1製作編)

SN3D0340.JPG逆襲のシャアシリーズのトリを務めるのは宇宙世紀の量産型MSではロングセラー、ジェガンです。逆襲のシャアの時代からマイナーチェンジを繰り返しF91の時代まで使われていた機体です。

今回はプチイベントで製作しました。当初は3時間くらいでと考えていましたが
甘かった。。。。
今回は5時間強かかりました。なぜかというと。。。。。

今回は、お手軽仕上げということでコピックを使用し陰影を入れることを行う方針で製作しました。
製作の流れは
1、パーツの切り出し、ゲート処理
2、部分塗装、墨入れ
3、シール張り
4、スーパークリアつや消しを塗装
5、コピックで陰影を入れる作業

キットの構成ですが組み易いキットです。
しかし、間接を中心にABS製パーツが多いのも確かです。
また、パーツ分割から、ユニコーンおよびF91に登場したバリエーション機体の
発売も想定したものと思われます。

部分塗装に関して
カメラアイは透明パーツですが中のパーツをメッキシルバーでワンポイント塗装。
肩、足のスラスターはガンダムマーカーのブラックとイエロー。
墨入れは迷いましたがガンダムマーカー墨入れ用黒で行いました。

スーパークリアつや消し塗装に関して
パーツ割れの危険もあるのでABS製パーツへの塗装を避けました。
特に太ももはABS製フレームにプラ製の装甲をかぶせる仕様です。
また肩から上腕にもABS製のフレームパーツが存在しています。
パーツ切り出し→ゲート処理後つや消しの塗装の工程をとった為思った以上に時間がかかりました。

合わせ目
肩の装甲パーツのみです。

腰のVマークは付属シールで行いました。塗装するのであれば一度V時マーク周辺をケガキ、白を塗装した上で黄色
の塗装するとよいでしょう。このシールは出来が良いので今回はシールを使ってみました。

キット感想
逆シャア関連のHGUCキットは合わせ目や塗装を行わなくても高い完成度を誇ります。
組安くストレスを感じず製作できます。特にジェガンは首の上下のスゥイング機構がすばらしい。
ただ、パーツ数が多いのでその点は肝に銘じた方良いかなと思います。

関連商品
HGUC 1/144 ジェガン
posted by ちぇりー at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと手を入れて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

予告

えー久しぶりの更新になります。
我が街のお祭りでお世話になっております模型店で個人的プチイベントを行いました。制作したHGUCジェガンとHGガッデスのレビュープラスα、エコプライベントの手伝いをしましたのでその話を書く予定です。
明日以降お楽しみに。
posted by ちぇりー at 20:56| Comment(0) | 管理人から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。