2009年07月16日

HG RX-78-2ガンダム Ver.G30thレビュー

武器以外組みました。ただし、合わせ目処理はまだ行っていません。
(サンディングだけですが。。。)
SN3D0250.JPG
まず、組んだ印象ですがHGUC Hi-νガンダムとHG 0ガンダム足して2で割った印象です。
頭のパーツ割はHi-νガンダムやνガンダム、その他はHG 0ガンダムといった印象の組み立てでした。
ただ、HG 0ガンダムほどは動きません。

製作のポイント

人形は顔が命といいますが、顔は(目、くまどり)はシールではなく塗装した方が完成度はまったく
違います。顔の塗装はすべてガンダムマーカーで行いました。
SN3D0253.JPG
首もシール処理ですがここもガンダムマーカーメカニックグレーで塗装。

HGUC Hi-νガンダムと同様細かいディテールもあるのでゲート処理は注意が必要です。
合わせ目処理はすね、腕の2か所。

さて、1/144ガンダムとしては5つ目の商品です。
武器に関してはHGUCガンダムを補完するものです。同梱としては初のガンダムハンマー。
弾層が設定通りのハイパーバズーカ(HGUCガンダムのものは設定通りではない)といった、
お台場ガンダムプラス武器セットパッケージです。

ひさびさに握りこぶしがはいってますが90年に発売されたHGガンダムのオマージュといった出来。
(この拳は出来がよろしくないガレキがでたら即交換)。
お台場ガンダムを忠実に縮小した分可動が犠牲になっていると思います。
結構コンマ単位で可動パーツと装甲をぎりぎりで合わせてるので思ったより動かないですね。

さて、土曜日検証したのですがHGUC Gアーマーと連携は可能かどうかという点。
足首を外せばガンダムイージー(対ザクレロ戦)はなんとか再現可能かと。
Gファイターへのライディングはサイズが合いませんでした。
Aパーツはサイズがまったく合わないのでGアーマ形態にはなれません。

このキットはHGUCシリーズではなくお祭りキットです。
現実の物体の縮小キットでもあります。

不満点は手の拳、お台場ガンダム的マーキングシールがない点です。
個人的には及第点キットですし悪くないです。
ただ、色プラ仕様ではあるがある程度塗装しないと見栄えは良くないかなと思います。
posted by ちぇりー at 14:47| Comment(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

リボルテックミニチュア エヴァンゲリオン新劇場版 零号機 初号機 エヴァンゲリオン四号機

金曜ロードショーのエヴァ新劇場版序、見ました?
ヤシマ作戦で終わりでしたが、スペースシャトルがなくなることを
考えると零号機のシールドもあの新しい解釈が正解なのかなとも思います。
しかも破には仮設5号機やら6号機まで登場するようで。。。。。

さて今回ですが海洋堂のリボルテックミニチュアで遊んでみようと一気に購入しました。
セブンイレブンで初号機、零号機は買えるのですがこの四号機は実はパチンコ雑誌の
付録なのです。
さて武装ですが。。。。

零号機 パレットライフル
初号機 プログレッシブナイフ
四号機 シールド

リボルテックシリーズはリボルバージョイントによりへたりのない関節が魅力
また、山口式関節と呼ばれた方法と合わせることによりかっこいいポーズがとれるのです。
このリボルテックミニチュアはそのリボルテックシリーズをそのままダウンサイズしたものです。
今回4号機をメインにポーズをとらせてみました。
武装装備用の手に交換し持たせましたがここでアクシデント。。。。。
取っ手が外れました。再接着しなおしました。
SN3D0235.JPG
さて実は零号機、初号機に関しては新劇場版に登場した武装は別途2種類のパッケージで販売されているが
現在入手が難しくなっているのも事実。
でもヤシマ作戦も再現させたいのでなんとか入手したいと思ってます。

さて今回、付録として4号機のミニチュアが付きましたがぜひ、弐号機、参号機、仮設伍号機、六号機も
ミニチュアで出してほしいと思わけであります。あっ破版の零号機も!(サイズ的には丁度良いし。)
posted by ちぇりー at 14:36| Comment(0) | 遊んでみよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

幅詰め

今回はSDフォースインパルスガンダムに合うように
ソードシルエットのエクスガリバーを作りたいと思います。
さて自作では手間がかかりますので今回はお手軽な方法で
製作しました。
パーツの幅詰めです。

使用キットは1/144ソードインパルスガンダムです。
実際合わせると長いです。これでは当然立てません。

SN3D0181.JPG

デザインに問題がない箇所を4センチ切り落とします。

今回は4センチより小さめにニッパで切り落とした後、切断面を
やすりがけ再接着してます。

SN3D0206.JPG

今回はヤスリがけが不十分だったので隙間が多少あります。
これは後でパテで整形していきます。写真を見ていただければ
わかると思いますが当初の幅詰めの目的は果たせているかと思います。
posted by ちぇりー at 14:18| Comment(0) | 技術習得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。